DDのアイ可動化

2014.03.13 初版
2015.12.23 改訂<1>


お知り合いの方がオビツのアイホルダーを使って
DDのアイを可動化させているのをみて、
自分もやってみたくなり~

手頃なパーツで簡単にできないかなーと色々試行錯誤して
とりあえずできたのでご紹介しますw

ちなみに、参考サイトはこちら
http://nijiura-doll.info/wiki.cgi?page=Custom&action#p11
お知り合いの方に教えてもらいました。


DSC_5271_s.jpg
材料
針金(100均、φ1.0mm程度)、ブルタック(ひっつき虫)、ピン型のマグネット(100均)
不要なアイ(半球状の物が良い)

アイはディーラー製だったり、デフォルトだったり色々です。
平目、半球、レンズタイプなどありますが、基本的に左右のアイが干渉しなければ
問題ないかと思われます。

では、簡単に紹介した所で本題に~
※改造は自己責任でお願いします。
※アイを動かすということは、傷つく恐れもあります。

試行錯誤しているうちに慣れた、というのもあるので、
調整が難しい場合もあるかもしれません。
100%の成功率は保証できません~(>_<)
色々工夫してみてください。

yayas.jpg




~作り方~
DSC_4485.jpg
1.アイを貼り付け、球体状にする。
可動したいアイはお好きなものを。バネに当たる方は、なるべく半球タイプが良いです。
貼り合わせるアイの大きさは多少異なっていても大丈夫かと。
貼り合わせは厚手の両面テープを使っています。アイの交換時に剥せますし~

DSC_5262.jpg
2.バネを作ります。
ピン型のマグネットの細いところにきつく巻いた後に、
油性ペンの太いやつのキャップに巻きつけ。
アイよりも若干径が小さめになるようにします。
写真ではバネが緩んでいますが、巻く時は隙間なく巻いてくださいw
巻くものが無い場合、DDの下腕パーツで代用できます… 娘さんに許可もらって下さいw

DSC_5266_s.jpg
こんな感じです。

IMG_20150906_195213_s.jpg
こんな感じでセットします。
アイを動かしてみて、それっぽく動けばOK~

アイとばねの向きを合わせて力が変な方向に偏らないようにします。
アイの位置がデフォルトの時にばねがまっすぐで、一番力がかからない状態が理想です。
ヘッドによってはアイの向きがかなり内向きになったりするので、
ばねの角度を変えてあげます。

ばねで押しつける力は強くしすぎ無くて良いです。
ずり落ちない程度になっている方が可動も安定します。

IMG_20150906_195445_s.jpg
最後にもう1個大きめのばねを作って、写真のようにセットします。
ヘッドのフタと、2つのアイのばねの間に来るようにして、
ヘッドのフタで挟み込む感じです。

これにより、アイを動かした時に、ばねが傾いてアイが外れるのを防ぎます。
この機構で一番重要で、ミソとなる部分ですw

これがあるのとないのでは、全然違います。
上のアイのセットの調整が多少悪くても、
この部品で丸めこめますw

フタをして動かしてみて、外れないでうまく動けばOKです。
外れた場合は、また再調整してみます。
最初はかなり苦戦するかと思いますが、
慣れれば簡単にできるようになります。

本番前に、練習しておいた方がいいかもです。
メイク練習したヘッドとかw

~最後に~
視線をちょっと変えるだけで雰囲気が変わりますので
興味のある方はお試しあれ~

家の娘は、今のところ全員できてます。
ばねの調整にかかっているので、それさえクリアできれば
アイのサイズもヘッドも関係ないですw
オビツのヘッドやSDでも可能かと思います。

上手く出来ていれば、落下など衝撃を与えない限り
外れることはありません。
野外撮影とかリュックに入れて連れていってます。
万が一外れてもその場で修復できますし、
どうにもならなくなった場合は、固定しているひっつき虫で
アイを直接ヘッドに固定すればよいので…(^_^;)


アイを動かす時にタブレットなどのタッチペンを使うと
指でぺたぺたしなくても動かせるかも。
究極を言えば、アイの中にマグネットを仕込めば、
非接触でアイを動かすことも可能かもしれません。
アイの製作段階で入れないといけないので、現実的ではありませんが(^_^;)


~おまけ~
アイ可動化
5番ヘッド 
yaya.jpg
夜々 
yukiho.jpg
萩原雪歩 
DSC_4902_s.jpg
如月千早 
DSC_4712_s.jpg
久遠寺有珠 
DSC_4476_s.jpg
るーこ 
DSC_4588_s.jpg
7番 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)