巾着田ハイキング

巾着田の曼珠沙華を見に行きました。
例年人がめっちゃ多いですが、今回も多かったです。

とても天気が良かったので、
巾着田‐天覧山‐多峯主山‐吾妻峡とハイキングしてきました。


DSC_6461_s.jpg
見ごろでした!

DSC_6468_s.jpg
どこを見ても赤一色に。

DSC_6476_s.jpg
赤とんぼが羽を休めていたり

DSC_6497_s.jpg
どこ見ても赤なんですが、人が少なめで撮影に良さそうなポイントは結構限られています。
それを探すのに時間掛かった(^_^;)

DSC_6520_s.jpg
上の写真と構図が被ったw 撮ってる場所は違うんですよ!?

DSC_6526_s.jpg
曼珠沙華って暗いイメージありますが、
日に当たると撮っても鮮やかな赤になりますね

和服にしようかとも思いましたが、
吾妻峡など他の場所でも撮影するので洋風にしました。
そしてショートヘア。扱いが楽チンなのですw

DSC_6532_s.jpg
巾着田から高麗峠を越えて天覧山へ~
ホントは直接多峯主山に行こうとしたんですが、
道を間違えたらしく、天覧山まであと400mのところまで来てしまいました(^_^;)

DSC_6541_s.jpg
てなわけで天覧山頂上~ 195m低っ!w
ヤマノススメにも出てくる山です。

DSC_6542_s.jpg
小学校の遠足で来るぐらいなので~(^_^;)

DSC_6548_s.jpg
多峯主山(とうのすやま)頂上 271m低っ!w

DSC_6550_s.jpg
景色も天覧山と変わらない… 隣同士なのでw
ただ、こちらの山の方が圧倒的に人が少ないです。

天覧山‐巾着田の間はハイカーでいっぱいですが、
多峯主山方面はほとんど人がいません。
なので、こちらの方がおススメw


DSC_6554_s.jpg
多峯主山から今度は吾妻峡に向かいます~


DSC_6562_s.jpg
途中にある八幡神社横にて
人がいなくて景色も良かったので撮りました。逆光でしたが(^_^;)

DSC_6572_s.jpg
後ろに落ちないかハラハラしつつ開放感たっぷりの画になりましたw


吾妻峡到着~ 
DSC_6575_s.jpg
ヤマノススメにも出ていたトレミファ橋♪
ここでドール撮影しなかったのは、吾妻峡の入口だからw
この橋渡らないと川岸に行けないのです(^_^;)

DSC_6579_s.jpg
巾着田よりも景観はイイです!
川遊びしている家族もちらほら。

DSC_6577_s.jpg
近くのコンビニでおにぎり買って昼食です。
川が道路のすぐ近くを流れています。車は川へ直接入れませんが、
駐車場あるのでバーベキューとかもできますよ~

DSC_6683_s.jpg
涼しげな感じ

DSC_6594_s.jpg
お昼を食べたら撮影開始~ ちょっと歩けばすぐ人はいなくなりましたw
何気に河原での撮影は始めてw レフ板忘れたのが痛い…(>_<)

DSC_6610_s.jpg
どういう風に撮ればいいのかイマイチピンと来ず(^_^;)

DSC_6612_s.jpg
上とはアングルが違うだけでこんなに変わるんだなぁと。

DSC_6646_s.jpg
洋風だけどアクティブなドレスなのでそれっぽくw

DSC_6652_s_201409242043354ce.jpg
RPG風にw
剣持たせてスライムのぬいぐるみとか置いて撮ればそれっぽい感じになるかもw

DSC_6673_s.jpg
何でこのポーズで撮ったんだろう…w

DSC_6686_s.jpg
ローアングルはキツイw
石がごつごつしてるので、しゃがみっぱなしはしんどいです。
かと言って座ると痛いし。河原での撮影は何だかんだ疲れます(^_^;)

吾妻峡を抜けて飯能駅へ帰ろうとしましたが、
結構距離があったので天覧山の麓からバス乗りましたw
市街地歩いても面白くないし。
途中でヤマノススメのポスターが貼ってあるお店を見かけました。
聖地巡礼する人は歩いた方が良さそうですね~

天気も良く、山の中は涼しくて快適でした。
歩いているときはドールとカメラをリュックに入れて背負っていましたが、
カメラが無くなるだけでリュックがめっちゃ軽くなりましたw 
ドールは背負っても何とも感じないですw かさ張りますが(^_^;)
カメラが2kg近くあるので当然ですねw

装備は上:モンベルのウィンドブレーカ 下:会社の作業着のズボンw
靴:ランニングシューズ
ハイキング程度なら普通の運動靴で十分ですね。

ハイカットが捻挫を予防するというのは科学的な根拠が無いと証明されたそうですし、
歩きやすい靴が一番良さそうです。

紅葉のシーズンも始まりますし、
またどこか行きたいですなー


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)